作業服に適している防寒着はウインドブレーカー!作業用のウインドブレーカーの選び方

冬場や夜間の作業では体が冷えてしまう可能性があります。風邪を引いてしまっては作業が滞ることもあるため、防寒着を着用する方が良いでしょう。数ある防寒着の中でも作業服に適しているのがウインドブレーカーです。

ウインドブレーカーにはファッション用のものと作業用のものがあります。

今回は作業用のウインドブレーカーの選び方を紹介していきます。

防寒性の高いものを選ぼう

作業服の上にウインドブレーカーを着るときには、防寒性が重要です。このときのポイントは防寒性を重視した作りのウインドブレーカーを選ぶことでしょう。ファッション向けのウインドブレーカーでも防寒着としての役割は果たしてくれますが、防寒性よりもファッション性を重視している傾向にあります。

そのため屋外で作業を行うケースでは寒さを凌ぎきれない可能性があるでしょう。そのような事態を回避するためには、作業用に作られているウインドブレーカーがオススメです。作業用のウインドブレーカーであれば、ファッション性よりも防寒性を重視している傾向にあるため、寒さを凌ぎやすいでしょう。

どの部分で防寒性の高さをチェックするのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。防寒性の高さはウインドブレーカーの表面ではなく、裏地をチェックするのがポイントとなります。裏地にニット系のものを使用している場合は、着用したときの保温性が高く、体温が低下することを防いでくれます。

裏地に毛皮を使用しているケースも良いでしょう。毛皮を使用していることで保温性を高めることができます。裏生地に加工を施していないものは、その分防寒性を下げてしまうので、注意が必要です。

→エアコン作業服の特徴とメリット

表面のチェックも重要

ウインドブレーカーを選ぶときには表面のチェックも重要になります。ウインドブレーカーの表面に使用している生地によっては、風を通してしまいやすいものもあるからです。表面に樹脂のコーティングを行っているものは風を防ぎやすいウインドブレーカーと言えます。

樹脂コーティングを行っていないものは、強風の影響で寒さを感じてしまう可能性もあります。生地の厚さもチェックしておきましょう。コーティングを行っているものでも、生地が薄すぎると風を通してしまうケースがあります。

風を通してしまっては、そのウインドブレーカーの防寒性は低いということが言えます。買ってから後悔したくないという人は、特に生地の厚いものを選んでおくのが良いでしょう。厚めの生地を選んでも、厚手のコートよりは身動きが取りやすいです。

ファスナーが上まで上がるものを選ぶのもポイントと言えます。ウインドブレーカーのタイプによっては、胸元に空間が空いてしまうものもあります。しかし、そのタイプでは首から風が侵入するので寒さを感じる可能性があるでしょう。

完全に風を防ぎたいという人は首も隠せるくらいファスナーが上がるものが適しています。防寒性よりもファッション要素を重視したいのであれば、胸元に空間ができるものを選ぶのも良いでしょう。

作業をスムーズに行えるものを選ぼう

防寒性も重要ですが、作業員にとって同じくらい重要なものが作業の行いやすさです。寒さを凌ぐためにウインドブレーカーを着たのは良いけれど、身動きが取りにくく、作業の妨げになってしまうという状態ではウインドブレーカーの魅力を下げてしまいます。

作業の妨げになれば、作業効率が落ちるため、納期が遅れるケースや仕事のクオリティーが落ちてしまうケースも考えられます。そのようなデメリットを回避するために、作業の行いやすいウインドブレーカーを選ぶべきでしょう。

具体的にどのようなものが良いかという話で言えば、ストレッチ性の高いものがオススメです。ストレッチ性の高いものは伸縮が自在になっているケースが多くなっています。そのためストレッチ性の高いウインドブレーカーを着用していれば、窮屈な場所での作業もスムーズに行える可能性が高いでしょう。

ストレッチ性の高いものであれば、どんな体の動かし方をしてもウインドブレーカーが破れる可能性が低いです。そのためハードな作業が求められる現場でも重宝されます。

高所での作業には大きめのウインドブレーカーが良い

工事現場での仕事では高所の作業も考えられます。そのようなケースでは大きめのウインドブレーカーを着用するのも効果的です。大きめのウインドブレーカーを着ていれば、ウインドブレーカーが物に触れるケースが増えます。

これは良くないことのように思うかもしれませんが、高所の作業では重要なポイントと言えます。ウインドブレーカーが物に触れることによって、危険を察知しやすくなります。大きめのウインドブレーカーで察知できる範囲を広げておけば、事故の可能性を下げられるでしょう。

精密機器を扱う現場では、できる限りスマートなウインドブレーカーを選ぶのが効果的です。精密機器を扱う場合はウインドブレーカーが物に触れることで感電してしまうケースがあるため、大きめのウインドブレーカーの着用は危険な行為と言えます。

そのため体にフィットしやすいウインドブレーカーがオススメです。このように自分が作業を行う現場に合ったウインドブレーカーを選ぶことが重要になります。

色で選ぶことも必要

ウインドブレーカーを色で選ぶことも必要です。ファッション用のものを購入するケースでは、自分の好きな色のウインドブレーカーを選ぶのも良い方法と言えます。しかし、作業用のウインドブレーカーでは自分の好みよりも、仕事に活かせる色を選ぶのが効果的です。

例えば冬場や夜間の作業を行うケースでは、暗めの色合いよりも明るい色合いのウインドブレーカーが良いでしょう。暗いものは冬場や夜間では見えにくいというデメリットがあります。見えにくいと事故の原因となってしまうので、明るいものが好ましいです。

具体的には赤色やオレンジ色といった色合いが目立ちやすいので良いと言えます。精密機器を扱う現場では落ち着いた作業が求められます。落ち着いて作業を行うには暗めの色合いがオススメです。特に青系の色合いは気持ちを落ち着かせる効果があるため、精密機器を扱う現場には適しているでしょう。

青系の色合いには集中力を高める効果もあるため、危険物を扱うような仕事でも高い効果が期待できます。汚れが付着しやすいような仕事では暗めの色合いのウインドブレーカーが良いでしょう。汚れが目立ちにくいことで頻繁に洗濯を行わずに済むかもしれません。

投稿日: